那覇市に特化した不動産会社

【那覇市】マンション売却にかかる税金は?査定のポイントや注意点についても解説!

【那覇市】マンション売却にかかる税金や査定のポイント・注意点とは?

那覇市で購入したマンションを売却したいけれど、何から始めたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。マンションを納得のいく価格で売却するためには、かかる税金や査定のポイント、中古マンションの相場価格などを知っておくと安心です。那覇市の中古マンションは、他の主要都市に負けない高水準で売買されています。こちらでは、那覇市でマンションの売却をお考えの方へ、知っておきたいポイントをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

那覇市でマンション売却なら、株式会社松尾不動産へご相談ください。賃貸経営のご相談も可能です。

【那覇市】マンション売却にかかる税金を知ろう

購入したマンションを売却するときには、税金がかかることをご存じでしょうか。高額な税金が課せられるのではないかと不安に思われるかもしれませんが、場合によっては少額で済むこともあります。こちらでは、マンションを売却するときにかかる税金の種類や計算方法、売却査定でのポイントについて見ていきましょう。

【那覇市】マンション売却の税金とは

tax on the sale

マンションを売却するときには、必ず発生する税金と、場合によって発生する税金があります。マンション売却で必ず発生するのは、「印紙税」と「登録免許税」です。

印紙税

印紙税は、マンション売却の契約書に貼る収入印紙の代金です。金額は売却するマンションの価格によって異なります。契約書1通につき1枚の印紙が必要ですが、マンションの売買契約書は2通ありますので、2通分の印紙税が必要です。

登録免許税

住宅ローンで不動産を取得するときに、ローンの返済ができなくなったときの担保として土地や建物を設定する権利を抵当権といいます。不動産を売却する場合は、抵当権を抹消しなければならず、この手続きにかかる登録免許税を支払わなくてはいけません。マンション1室につき2,000円の登録免許税がかかり、手続きは法務局で行います。

マンションを売却しても売却益が出なかった場合は、上記の税金のみが課税されます。売却益が出た場合にかかる「譲渡所得税」は、下記の計算式で算出できます。

譲渡所得税の算出方法

譲渡所得税=譲渡所得×税率

譲渡所得の算出方法

譲渡所得=収入金額(売却代金)-取得費-譲渡費用

譲渡所得税を計算するには、まず譲渡所得の金額を算出します。譲渡所得とは、マンションを売却して得られた金額から諸経費を差し引いた金額です。マンションの売却代金がそのまま譲渡所得となる訳ではないので注意が必要です。譲渡所得の計算式にある「取得費」は、マンションの購入時にかかった代金やリフォーム費用、仲介手数料などがあります。

譲渡所得が確定したら、譲渡所得税の計算をしてみましょう。譲渡所得にかかる税率は、マンションの所有期間によって異なります。マンションを所有していた期間が5年以上の長期譲渡所得の場合が20.315%、5年以下の短期譲渡所得の場合が39.63%となります。所有期間は売却した年の1月1日時点で計算されます。実際に所有していた期間が5年以上でも、タイミングによっては短期譲渡所得となってしまうケースもあるので、注意が必要です。

マンション売却にかかる税金の計算は、複雑でわかりにくいと感じる方は多いです。那覇市でマンション売却の実績が多数ある株式会社松尾不動産では、税金に関する相談も受け付けているので、ぜひご相談ください。賃貸経営に関するご相談もお待ちしております。

【那覇市】マンション売却査定のポイント

assessing the sale

マンションの売却を検討しているときに気になるのが、マンションがどのぐらいの価格で売れるかという点ではないでしょうか。所有するマンションの価値を査定する方法には、「机上査定」と「訪問査定」があります。

机上査定は、実際のマンションを見ることはなく、インターネットなどで住所や面積、築年数などの条件から簡易的に査定する方法です。依頼後1~2日で回答を得られることもある一方で、査定の精度はそれほど高くありません。机上査定を依頼する際は、一社ではなく複数社に声をかけて、各社の査定価格から相場価格を導き出すとよいでしょう。

訪問査定は、実際にマンションまで足を運び、詳細な状態を確認しながら査定する方法です。机上査定に比べて精度の高い査定ができるものの、不動産会社と予定を合わせる必要があり、訪問後に査定金額が出るまで1週間ほど時間を要します。

マンションの査定は、まずはインターネットで机上査定を複数社に依頼し、その中からいいと思う不動産会社に訪問査定を依頼するとよいでしょう。那覇市の株式会社松尾不動産では、お客様に合った査定の方法をご提案しています。那覇市でマンション査定を行う会社をお探しの方は、ぜひご相談ください。

マンションの訪問査定を受けるためには、間取り図や権利証などの書類を準備しておく必要があります。また、実際に査定を行うマンションの居室内は清掃もしておいたほうがよいでしょう。特に、キッチンや水回りが清潔かどうかは査定の評点にも影響する可能性があります。リフォームの有無や修繕履歴なども確認しておきましょう。中古マンションでも、リフォーム実績やシロアリ防除の定期点検などがある場合は評点がアップすることもあります。

住宅ローンの返済が残っているマンションを売却する場合は、売却と同時にローンを返済し、抵当権を抹消しなければなりません。この際、マンションの売却金額がローン残高を下回ってしまうことを、オーバーローンといいます。

オーバーローンになってしまうと、マンションを売却したお金でローンの残りを全額返済できず、抵当権も抹消できません。この場合、手持ちの資金を使うか、「住み替えローン」などの融資を受けるなど、ローンの残額を支払う方法を探します。マンションの査定を受けるときは、オーバーローンにならないかどうかもチェックしておきたいポイントです。

【那覇市】マンション売却をお考えなら!築年数と価格について知ろう!

購入したマンションを中古で売り出すときは、注意しておきたい点がいくつかあります。早く売りたいあまりに焦り過ぎると、査定や買い手探しで苦戦するかもしれません。マンションの売却では、相場価格をチェックしておくことも重要です。事前にしっかり知識を深め、満足のいくマンション売却を実現しましょう。こちらでは、マンション売却の注意点や、最新のマンション価格相場についてご紹介いたします。

【那覇市】マンション売却の注意点

selling condominiums

まずは、マンション売却時の注意点を見ていきましょう。

訪問査定でより精度の高い査定をする

先ほどもご紹介したように、査定には机上査定と訪問査定があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。真剣にマンションの売却をお考えなら、精度の高い訪問査定を依頼することをおすすめします。

リフォームよりも修繕をしておく

査定でよい評価を得るためには、ドアや畳など安価で簡単に修繕できる部分はしておいたほうがよいでしょう。障子の張り替えなら1枚あたり2,000円でリフォーム可能です。

査定に影響しそうな箇所の修繕はしておいたほうがいい一方で、リフォームはむやみにしないほうがよいです。中古マンションを購入する方の中には、自分たちの好きなようにリフォームしてから住むことを前提に考えている方も少なくないためです。リフォームして少しでも高く購入してもらいたい気持ちがあるかもしれませんが、まずはできる範囲で修繕や清掃をしておくほうが得策です。

複数社の中から信頼できる不動産会社を探す

マンションの査定金額は不動産会社によって異なることもあるため、複数の不動産会社に査定依頼してから判断しましょう。不動産会社の中には、賃貸に強い会社や売却に強い会社など、それぞれの得意分野があります。マンションの売却を任せてもよい会社か、しっかり見極めてください。

査定金額が出たら、なぜこの金額になったのかの確認も必要です。納得して取引を進められる会社を探しましょう。那覇市の株式会社松尾不動産では、お客様の人生設計を考慮したうえで、納得いただけるプランを提案しています。那覇市でマンション売却をお考えの方は、ぜひご相談ください。

築年数が浅いほど売れやすいとは限らない

一般的にマンションの価値は、築年数が経つほど低下していきます。しかし、中古マンション市場で実際によく購入されているのは、築年数が浅い物件とは限りません。築浅のマンションは価格も高くなりがちで、売り出したものの購入に至らないケースも多々あります。また、築浅のマンションは住宅ローンの残高も多いため、売却することでオーバーローンになってしまう可能性も否定できません。

築年数は査定を左右する大きな要因ではありますが、築浅の中古マンションが必ずしも売れる訳ではないという点を覚えておきましょう。

【那覇市】マンション売却相場最新版!

sale market

沖縄県那覇市では、中古マンションがどれぐらいの相場で取引されているのかを見ていきましょう。

那覇市の中古マンション売却相場

マンション売却価格相場:2,999万円

築年数:19年(中央値)

参考までに、日本の主要都市での中古マンション相場は次のとおりです。

主要都市での中古マンション平均売却額と平均築年数

東京:3,696万円/19年

神奈川:2,624万円/23年

愛知:2,029万円/22年

大阪:2,276万円/23年

広島:2,028万円/20年

福岡:1,629万円/23年

中古マンションの売却額は、首都東京が圧倒的に高く、那覇市の売却額も日本の主要都市の中では高い水準であることがわかります。

マンションの売却額は、景気や金利の変動とともに変わるものです。マンションを売却するときは、不動産市場の状況を確認することが重要です。築年数を気にして売却を焦り過ぎず、市場を見極めてベストなタイミングで売却しましょう。

マンションの査定を依頼するときは、事前に相場を調べておき、査定額と大幅な差異がないかもチェックしましょう。相場よりも査定額が高過ぎる場合、すでに見込み客がいる可能性もあります。相場よりも査定額が低過ぎる場合は、不動産会社にとって利益が少なく断るつもりで価格を出しているのかもしれません。取引実績のないエリアの中古マンションだと、売る自信がないため価格が低くなることもあります。

同じ物件でも、不動産会社によって査定金額は異なります。不動産会社探しでは、金額の根拠までしっかりと説明してくれる会社だと安心です。マンション売却のゴールは売りに出すことではなく、買ってもらうことにあります。不動産会社探しでは、売れるためにどのような戦略を持っているのかも確認したいポイントです。

那覇市でマンション売却や賃貸経営の相談なら!

那覇市の中古マンションは、他の主要都市に引けを取らない高水準で取引されています。査定の金額や買い手探しは不動産会社に任せることになるため、どこの会社に依頼するかはとても重要となります。

那覇市でマンションの売却をお考えの方は、不動産売却や賃貸経営のご相談を承る株式会社松尾不動産をお訪ねください。これまでに培ったノウハウと丁寧なご説明で、納得のいくマンション売却や賃貸経営をお手伝いいたします。

コラム一覧

  1. 【那覇市】不動産売買の相談で優良な担当者を見極めるポイントは?
  2. 【那覇市】不動産管理の委託について!管理委託と自主管理の違いとは?
  3. 【那覇市】マンション売却にかかる税金は?査定のポイントや注意点についても解説!
  4. 【那覇市】賃貸管理会社を変更したほうがよい?見極め方や変更手順について

マンション売却のことなら株式会社松尾不動産へ

会社名 株式会社 松尾不動産
設立 2019年3月
住所 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目12−32
TEL
メール matsuoestate2018@gmail.com
URL https://matsuo-real-estate.com/
事業内容 戸建分譲事業、土地建物売買仲介事業、土地建物賃貸仲介事業、建物の管理事業、住宅のリフォーム事業、法人仲介事業など
宅地建物取引業免許 沖縄県知事(1)4983号 加盟協会、沖縄県宅建業協会、全国賃貸不動産管理業協会他

株式会社松尾不動産

LINK

© 2019 株式会社松尾不動産 All rights reserved